zero wedding
ただ一つ、本質だけを。

いつの日か、結婚式がなくなる時代が
やってくるかもしれない。

ただ一日のための小さくない消費。
ただ一日のための過度な装い。

あの日、憧れた結婚式には
憂いも不安も一つもなかったはずなのに。

だから私たちは挑むのです。

価格に真摯に、価値に貪欲に。
秘められた魅力に光をあて、
生みの苦しみから逃げず、
結婚式という文化に革新を。

あの一日を点でおわらせず、
家族という線のはじまりへ。

これまでをまっすぐに見つめ直し、
未来まで愛されつづける結婚式を。
zero weddingについて詳しくはこちら